《活動レポ》子ども達は育ち合う/本店でも大人気のぐちゃぐちゃ遊び

親子アート教室

こんにちは。

浦和親子教室

「未来あそびラボ」の

かくこうみずほです。

子ども達の「育ち合い」

5月から始まった「ぐちゃぐちゃ遊び6daysチャレンジ」も、ついに5日目!

レッスンが始まる前、みんなが集まり準備をしているタイミングでは、お友達同士の交流がよく見られるようになりました。

波長の合う・合わないがあることは、子ども同士でも同じですね。

子ども同士の「育ち合い」は、
そんなお友達と一緒に過ごす時間の中で育まれていきます。

子ども同士のいざこざ(ケンカ)も、大人のそれとは違って、対人コミュニケーションを学べる生きた学びです。

また1日目には見られなかった、初めましてのお友達の保護者の方へのアプローチも、5日目には多く見られるようになりました。

人は、たくさんの他者との関わり合いの中で、社会性や対人関係の成り立ちを学びます。

十数年という長い時間をかけて学びますが、生まれてからの数年は、それらの大切な土台が培われていく時期です。

今回のプログラム「新聞紙・色水あそび」

横浜市の本店「ぐちゃラボ」でも大人気の新聞紙あそび!
私も大好きなプログラムです^ ^

子どもも大人も、
抱えきれないほどの新聞紙を思いっきり放り投げたり、散らかしたりして遊ぶことで、「心の解放」に繋がる遊びです。

その後は、季節の食べ物「すいか」で遊びました。
大きな大きな「すいか」を皆で作りました。

色水で「すいか」の瑞々しさを感じることが出来ました。

こちらの「すいか」のプログラムは、
ぐちゃぐちゃ遊び®認定講師の方のプログラムを参考にさせて頂きました。

愛知県稲沢市「nanairo」村田直子さん
東京都練馬区「キラキラプロジェクト」の戸ヶ崎幸子さん

ありがとうございました^ ^

活動写真レポ

ぐちゃぐちゃ遊び®認定 浦和親子教室「未来あそびラボ」

日本乳幼児遊び教育協会
ぐちゃぐちゃ遊び®認定教室
「未来あそびラボ」は、埼玉県さいたま市浦和区(JR浦和駅)で活動中です。

ぐちゃぐちゃ遊び®は、
横浜市で入室1年待ちの日本乳幼児遊び教育協会・会田夏帆さん考案の
「アート×あそび×乳幼児教育」を通して「自分らしく生きる力」を育てる親子教室です。

子どもをありのまま認め主体性を育む、
そんな環境を私は作っていきたいと思っています。

ありのままを認めてもらえると、
子ども達は自分らしく生きることが出来ます。

そして、自分らしく生きる事こそが
「幸せに生きる」という事だと私は信じています。

みんな違って良いんだよ。

ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報は公式LINEにて

公式LINEでは、ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報や先行予約のご案内などを、いち早くお届けしています。

・子育てお悩みQ&A
・知育
・脳育
・おうちモンテで出来る遊び

などの子育て情報も不定期に配信しています。
ご興味ありましたら、是非こちらからご登録ください(^^)

友だち追加

何か気になること・分からないことなど、お気軽に公式LINEへお問い合わせ下さい。

コメント