手先が器用な子の性格が「おだやか」な理由

こんにちは。
浦和親子アート教室

未来あそびラボの
かくこうみずほです。

今日は、
どうして手先が器用な子の性格が「おだやか」なの?
についてお話していきます。

子どもの性格は、出来れば気性が荒いよりも「おだやか」に育って欲しいと思う方が、殆どかなと思いますが、皆さんはどうでしょうか?(^^)

「おだやか」な性格とは?

今回お話する穏やかな人とは、感情のコントロールが出来る人のことになります。

感情のコントロールが上手な人は、
感情にまかせて相手を怒鳴ったり、
責め立てず、
「怒り」という感情があったとしても、
ぐっと一度、湧き出た感情を飲み込んで、冷静に自分の感情と瞬時に向き合える人です。
(「怒り」という感情も、大切な感情の1つです。詳しくはまた次の機会で。)

どうしたら、感情をコントロールする力が育つのか?

実は、感情のコントロールと
手・指先の運動は、脳の「前頭葉」という同じ部位で司っています。

指先で細かな運動をする時は、前頭葉が活発に働いています。

繰り返し、その部位を使うことで脳はより発達していきます。

そのため、脳が90%完成すると云われている6歳頃までに、手・指先を使う遊び・運動を繰り返し行っていくと前頭葉の発達が促進されます。

前頭葉が育つということは、同じ部位で管轄している「感情をコントロールする力」も一緒に育っていくということです。

脳を育む最強の遊びは「外遊び」

脳を育む最強の遊びは「外遊び」と云われています。

自然の中で自由に身体を使って遊ぶことが、やっぱり子どもには1番です。

例えば、秋の公園で、どんぐりや松ぼっくり、落ち葉を拾うには、手・指先を動かします。

コンクリートとは違って、起伏のあるところを歩けば、バランス感覚が自然と育ちます。

太陽の暖かさ、風の暖かさ・冷たさ・生ぬるさは、皮膚感覚を、
光の眩しさ、自然の多彩な色は、視覚を刺激してくれます。

鳥や虫、飛行機、ヘリコプターが飛ぶ様子、落ち葉が落ちてきたり、風に舞う様を見れば、動体視力が育ちます。

鳥や虫の鳴き声、落ち葉が落ちる音、どんぐりや落ち葉、砂利を踏む音は、聴覚を刺激してくれます。

花の蜜を吸えば、味覚を刺激してくれます。

様々な感覚を満遍なく刺激して、脳を育んでくれるのは「外遊び」です。

もし、
脳育どうしたらいいの?
知育って何をしたらいいの?
と迷ったら、是非、いつもの公園へ遊びに行ってください(^^)

お金がかからない上に、何かを用意する必要もなく、とってもお手軽ですが、どんな知育玩具よりも脳の発達に優れているなんて嬉しいですよね。

知育玩具を商売にしている人たちは、オモチャが売れなくなると困るので、なかなか言葉にしませんが
「自然の中で自由に遊ぶ」に勝る知育玩具はありません。

手・指先を使う遊びを行うときの注意点

それでも、天気の優れない日やどうしても外遊びが出来ない時もありますよね。

そんな時に、もし手・指を使う遊びを遊んで欲しいと思った時には、子どもの発達ペースに合わせるようにしましょう。

例えば、0歳の子に、いきなり紐通しは難しすぎます。

また1歳の子に、将棋棋士の藤井聡太さんが作ったハートバッグを作らせるというのも、やっぱり難しすぎます。

また3歳でも4歳、5歳でも、興味がない子にハートバックを作らせるというのも違います。

その子その子によって、発達速度や興味・関心は違います。

力を伸ばすのは、その子の発達や興味に合っていて、本人が楽しい!と自ら進んでする遊びです。

ハートバッグを作る事そのものが良いのではなく、当時の藤井聡太さんの発達と興味にバッチリあっていた遊びだから素晴らしいのです。
もちろん、発達や興味・関心が本人に合えば、ハートバック作りは、手・指の巧緻性、集中力を高める素敵な遊びです(^^)

1番身近にいるお母さん・お父さんにしか出来ないことは、お子さんの様子を見守り・観察し
「どんな事をやりたがっているのか?今、何が出来るのか?どんな動きを繰り返ししたがるのか?」
に、たくさん気づいてあげる事です。

もし大人の立場から、遊んで欲しい玩具などがある時には、まず私たち親が楽しんで遊ぶ姿をたーくさん見せてあげることが大切です。

そして、興味を持ったときにだけ
「〇〇ちゃんもやってみる?」とお話してあげてください。

興味を持って、自ら遊ぶ事で
「やりたい!」という意欲も育っていきます。

もしお子さんが
「やりたくない」
場合には
「この遊びはこの子にとって今じゃないんだね、次を探そう!」
と前向きに考えてくださいね。

「やりたい!」という意欲がある時に、力が伸びます。

そして、そのオモチャが大人が遊ばせたい遊びだということを覚えていてくださいね。

最近の我が家の場合(2歳2ヶ月の娘)

どんぐりと松ぼっくりで、最近は毎日おままごとをしている娘。

大好きなどんぐりを、トングで移動する遊びをしています。

この遊びは、手指の巧緻性を高めてくれます。

私たち大人にとっては、とても簡単な動作ですね。

でも、2歳くらいの小さな子供にとって、
トングを正しい位置で握り、
どんぐりを1つ掴むためにトングにギュッと力を入れて閉じ続け、
狙った小さなスペースに持っていき、
そこで力を緩めてトングを開くという作業は、
とっても集中力の必要な緻密な動きです。


画像のトングは、軽くて柔らかく、尖った箇所もないので安心で、サイズもコンパクトなので、子供の小さなお手々でも使いやすいので、初めてのトングデビューにとってもオススメです。

このトングも、トレーも100均です。
確か、Seriaだったはず・・・
かなり前に購入したもので、記憶が曖昧で、すみません。確認でき次第、追記します。
→ダイソーでした!

どんぐりと松ぼっくりは、虫対策で煮沸して、しっかりと乾かしてから遊んでいます(^^)

娘の場合は、大好きなどんぐりとおままごとの流れで、この遊びを楽しんでくれています。

そのため、全ての2歳のお子さんが、この遊びに興味を持つか?というとそうではありません。

その子その子に、発達のペースがあり興味・関心が違います。

最も身近にいるお母さん・お父さんだからこそ、気付ける遊びが、きっとありますよ(^^)

こちらでも脳のお話をしています

ぐちゃぐちゃ遊び®認定 浦和親子教室「未来あそびラボ」

日本乳幼児遊び教育協会
ぐちゃぐちゃ遊び®認定教室
「未来あそびラボ」は、
埼玉県さいたま市浦和区(JR浦和駅)で活動中です。

ぐちゃぐちゃ遊び®は、横浜市で1年待ちの日本乳幼児遊び教育協会・会田夏帆さん考案の「アート×あそび×乳幼児教育」を通して「自分らしく生きる力」を育てる親子教室です。

子供をありのまま認め主体性を育む、
そんな環境を私は作っていきたいと思っています。

ありのままを認めてもらえた子供は
自分らしく生きることが出来ます。

そして、自分らしく生きる事こそが
「幸せに生きる」という事だと私は信じています。

コメント