成功者が持っている「グリット」という力

子育て情報

マーク・ザッカーバーグが「成功の秘訣」と明言し、前アメリカ大統領オバマ氏もスピーチで多用するなど注目を集めている「GRIT」(グリット)。
いまや成功者の条件として認知され、アメリカでは教育の最重要課題とされるまでになっています。

そして成功者と言われる人たちは、創造力や知性、才能よりも「グリット」を持っていると最近の心理学界では云われるようにまでなりました。

 

今回のページはアンジェラ・ダックワース氏「GRIT やりぬく力」を一部参照しています。

GRITとは?

グリットとは簡単にいうと「やり抜く力」「努力を継続する力」のことです。
今話題の非認知能力の1つでもあります。

  • 生まれ持った才能・知能などの能力は関係がない
  • 情熱を強く持ち困難に対して粘り強く立ち向かう力

100%後天性のもので環境の中の積み重ねで培われていく力になります。

これって、とても朗報!だと思ったのは私だけではないはず。
何故なら「自分には才能がないから」という理由で諦める必要は全くない・誰でも努力次第で「成果」を挙げられるという事が数々の実験により証明されてきたからです。

どうやって育つ力?

楽観的に物事を考えられることが重要だと考えられています。
例えば営業で契約が取れなかった場面でも、楽観的なら
「自分にはまだスキルが足りていないだけだ。自分にはまだ顧客との信頼関係が気づけていないだけだ。いづれ出来るようになる!」という風に考えられます。

楽観的に誰でもなれる!

思考の仕方は「癖」です。
「癖」なので時間は必要ですが、変えることができます!

何か困難な課題に突き当たったときに「まだ」を口癖にするだけ 。
何か出来ないことがあったとしても
「今はまだ出来ないだけ。これから出来るようになる。」
「まだスキルが足りていないだけ。」
という風に置き換えることができます。

そうすると何が足りないのか・自分の課題を考えられるようになります。
「まだ」を口癖にしましょう!

乳幼児期にも培われる「やり抜く力」

子供は自分が選んだことをやっている時が力の伸びるときです。

 
「やりきった」と感じるまで遊ぶことで培われる力です。
お子さんが集中して遊んでいるときには「見守り」「傾聴」の姿勢を意識しましょう。

よく藤井聡太棋士が3歳のころに、モンテッソーリ教育の「おしごと」の1つである格子編みでハートバックを100個も夢中になって作ったという話は聞いたことがある人も多いかと思います。

藤井聡太騎士が始めからハートバッグを上手く作れた訳ではないはずです。
最初は折り方・編み方も分からなかったはずです。
最初からキレイに編むことはできなかったはずです。
最初の1つは数多くの試行錯誤を経て出来上がったはずです。
でも彼は諦めずにコツコツと作り続けたから今の彼があると想像します。

そしてそれは彼1人では出来なかったでしょう。
お父さん・お母さん・幼稚園の先生など周囲の大人の適切なサポートがあったからこそです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チキン犬(@chickeninu)がシェアした投稿

ハートバッグである必要はもちろんありません。
小さな頃(特に0〜3歳まで)に何か熱中できることを見つけ、それをやりきるという経験を多くするということが、とても大切になります。

コメント