お家で絵の具あそびをするならオススメの絵の具【おうち遊び】

こんにちは。

浦和親子教室 未来あそびラボのかくこうみずほです。

お家での絵の具遊びについて、ご相談いただきました。

ぐちゃぐちゃ遊びの後は、
お家でも絵の具遊びをやりたがります。
お家で絵の具遊びをさせたいけれど、

なかなか勇気がでなくて・・。

お家だと、ぐちゃぐちゃ遊び(↓画像)のように思いっきり大量の絵の具を扱える環境を整えることは、なかなか難しいですよね。

そこで、私が娘と絵の具遊びを行うときの道具や環境について紹介します^^

我が家が絵の具あそびをお家でやる時に使っている絵の具

娘がお家で絵の具遊びをするときには、固形の水彩絵の具を使っています。

左右の絵の具はDAISOで、
真ん中のメタリック調の絵の具は、
フライングタイガーで購入しました。

固形絵の具だと、
絵の具のチューブからパレットに
絵の具を出すという工程がないので、
描きたいと思った時にすぐに描けますし、
チューブから絵の具を出し続ける遊びになって勿体ない、出しすぎるのをハラハラしながら見守るという心配もありません。

また、固形絵の具がパレットなので、パレットを別で用意しなくても遊べます。

固形絵の具には、
それぞれ筆が付属していましたが、
非常に細い筆でした。

未就学児には扱いづらいため、
ダイソーで、細めのクレヨンくらいの太さの筆を追加で購入しました。
(3本入りでしたが、1本見当たらず・・)

絵の具と筆以外に準備しているもの

◎汚れ防止のための新聞紙やシート
(片付けが簡単なので新聞紙を使うことが多いですが、理想をいえば子どもの思考を邪魔しない無地の白など良いです。)

◎お好みの紙
(画用紙のような素材の紙だと、滲みも楽しめますし、少し厚く多少破れづらいので子どもも扱いやすいです。)

◎汚れてもいいタオル
(出来れば、手を拭くための濡らしたものと、筆についた絵の具をリセットするための乾いたものの2枚あると良いです。)

◎水の予備を入れる容器
(出来ればフタ付きが倒しても溢れないので安心です。
量は3分の1くらいにしておくと、水入れに注ぐ際に溢してしまっても被害が少なくてすみます。)

◎水入れ
私は、ペットボトルのフタを使っていますが、何でも大丈夫です。
固形絵の具では、使う水は少量で済むので、小さな容器をオススメします。
小さなものの方が、少量ずつしか入らないので溢れても大惨事にならないのでオススメです^^

娘が絵の具遊びをやりたい!と言ったら

子どものやりたい!は突然うまれます。

その意欲が生まれときにすぐにやる!
ことは理想ですが、
お家での絵の具遊びだと、
やっぱり準備は必要になってきますよね。

そのため、我が家では

絵の具あそびをしたい!

と娘が言ったら

良いよ〜。
いま遊んでいる〇〇をお片付けしてから遊ぼう。

と声をかけて、
娘がお片付けをしている間に
準備を整えるようにしています。

絵の具遊びでしか使わないものは、
まとめて一箇所に置いておくと、
時間短縮になります。

範囲・お約束事を事前に伝えておく

また、絵の具遊びを行う前に

絵の具は、この新聞紙の中で遊ぼうね。

と毎回、伝えています。

自由に遊んで良い範囲を伝えてあげることで、
子ども達は安心して遊ぶことができます。

1回だけではなく、毎回毎回遊ぶ前に伝えてあげてくださいね。

クレヨンやサインペンなど、
他の画材で遊ぶときにも同じように
「この紙に描いて遊ぼうね。」
と範囲を伝えてあげると、
少しずつ「ルール」が何となーく分かるようになっていきます。

描いた絵は・・

描いた絵は、お家美術館にするのもオススメです。

お家美術館については、こちらをご覧ください。

ぐちゃぐちゃ遊び®認定 浦和親子教室「未来あそびラボ」

【さいたま市JR浦和駅】0歳〜3歳ぐちゃぐちゃ遊び®の浦和親子教室・未来あそびラボで出来ること・目指すもの
「乳幼児教育×アート×あそび」を通して「子どものやりたい!」という気持ちを尊重し、意欲や挑戦する心を育む造形教室です。 「上手い・下手」「ダメ」のない世界で、子供をありのまま認め主体性を育み「自分らしく生きる」土台をつくる親子のための教室です。

日本乳幼児遊び教育協会
ぐちゃぐちゃ遊び®認定教室
未来あそびラボ」は、埼玉県さいたま市浦和区(JR浦和駅)で活動中です。

ぐちゃぐちゃ遊び®は、
横浜市で入室1年待ちの日本乳幼児遊び教育協会・会田夏帆さん考案の
「アート×あそび×乳幼児教育」を通して「自分らしく生きる力」を育てる親子教室です。

子どもをありのままを受け止めて主体性を育む、
親御さんが周りの目を気にせずに子どもと関われる
そんな環境を私は作っていきたいと思っています。

ありのままを受け止めてもらえると、
子ども達は自分らしく生きることが出来ます。

そして、自分らしく生きる事こそが
「幸せに生きる」ことに繋がると私は信じています。

みんな違って良いんだよ。

ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報は公式LINEにて

公式LINEでは、ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報や先行予約のご案内などを、いち早くお届けしています。

・子どもに育ちに関する知識や私の願い
・知育、脳育、おうちで出来る遊び

などの子育て情報を不定期に配信しています。
是非こちらからご登録ください^ ^

友だち追加

何か気になること・分からないことなど、お気軽に公式LINEへご連絡ください。

コメント