子供の困った行動には全て意味がある

子育て情報

・ティッシュペーパーを出す
・トイレットペーパーを転がして遊ぶ
・綿棒を全部出して、また入れて全部出す
・引き出し・タンスのものを全て出す
・コップの水をひっくり返す
・階段の昇り降りを何度も繰り返す
・手を繋いで欲しいけど振りほどかれる
・水たまりから出てこない

これらは全て娘が行ってきた行動です。
大人からすると「ひえーーー」となる行動も多いですよね。

 

でもコレ全て子供にとっては意味のある行動です。
子供の行動には、本人は無意識的でもすべてに意味・目的があります。

子供は自分が今伸ばすべき「能力」を本能的に分かっています。
だから困った行動を繰り返すときは「その能力を伸ばしたい!」と思っているときです。
これがモンテッソーリ教育でいう「敏感期」になります。
敏感期の行動は結果的に「ママ・パパを困らせる」ことになってしまっても「ママやパパを困らせたい!」と思ってやっている行動ではありません。

 

例えばティッシュを引っ張り出す行動。
これは「薄いティッシュを摘み、肩・肘・手首を使って引張りあげる・ティッシュを離す→また摘むの繰り返し」という乳幼児の子供にとっては、とても複雑な連続した動きを行っています。
この行動を繰り返して、薄いものを摘む・引き上げる・離すという運動を練習しています。

代用を作ってみたけど上手くいかなかった話

よく困った行動には、「代用できるオモチャを」あげましょうといいます。

↑の本を参考に、ミルク缶とリトミックスカーフを使って「引っ張り出しオモチャ」を作り娘の目の前で私が楽しそうに何度も実演してみました。

何枚かスカーフを引っ張り出したものの娘はあまり食いつかず、出し方や中に入れるものを替えたり工夫しましたが、あまり興味を惹くことは出来ませんでした。

やはり普段から私達大人が使っている「本物が一番」なんでしょうね。

箱ティッシュは、本当によく出来ているなと改めて感心しました。
シュッと引っ張り出すと次のティッシュが中身がゼロになるまで必ずスタンバイされるんです。
この精度は凄いです。
なかなか代用品のオモチャでは再現できません。

 

娘の場合は、集中してシュッシュッシュッと中身が無くなるまで繰り返し繰り返し遊びました。
その姿をみて「ティッシュが勿体ない事よりも、この集中する時間が尊い」と考えるようになり、箱ティッシュを献上することにしました。

その後、当たり前ですが山盛りのティッシュが出来ました。
これを箱に元通りに戻すのは至難の業だったので、適当なビニール袋を娘に渡し「出したらコレに入れてね」というお片付けまでを遊びにすることにしました。
これには娘もハマり、ティッシュを箱から全て出し→ビニール袋に詰め込むという遊びに発展しました。
詰め込まれたティッシュは破られていないもの以外は、私は気にせず普通に使っていました。

何箱ものティッシュを引っ張り出してきた娘。
その後どうかというと、やり切ったのかもうやりません。
彼女の中でその運動が満たされた(その行動で得られる能力が育ちきった)からです。
たまに思い立ったように何枚か出す日もありますが、今では目の前にあっても以前のような興味はみせません。

この敏感期の面白いところは、大人が思う困った行動でもやりきれば「結構あっさりやめる」ということです。
「やりきる」ことがとても重要です。
逆に大人が止めて自由にやらせてもらえない環境で育つと、その能力は伸びないままになってしまいます。

コップは逆さに「ジャー」したい

コップ飲みの娘。
飲んで残った中身は「ジャー」します。
毎日、床は水たまり。

「お風呂でジャーしようね」と声をかけ・お風呂でたくさん「ジャー」する遊びをするようにしていますが、まだまだ部屋でも「ジャー」します。

 

娘の飲み物は「水か麦茶」のみです。
これは身体・歯の健康が第一の理由ですが、並行して「ジャー」されても私のダメージが少ないからでもあります。
多少の拭き残しは乾くから大丈夫。くらいのズボラさです。
牛乳とかジュースだと片付けが大変ですよね。
二度拭き、三度拭きしないとベタベタしたり気になったりします。
ズボラでもベタベタは気になる私です。

「ジャー」する子は多いので「お風呂(プール)でジャー」はしつつも、部屋の中で「ジャー」した時の片付けが出来るだけ簡単なように、この敏感期の時には「水・お茶」のみにするなど、いかに親の精神的ダメージを減らせるかも大切かと思います。

この時期は、家の中ではストローマグを使うという手も良いですね。
個人的にコップ飲みで得られる効果を信じているので、我が家ではストローマグは使っていませんが、ストローマグは溢れないという点からはとても便利だと思います。
(詳しい理由は↓にて)

【言葉の発達を促す】口・唇を使う遊びがオススメ
言語の発達には、語りかけ・絵本の読み聞かせが良いとされていますね。私もこれらには大賛成です。もう一つ付け加えて欲しいのが「口・唇」を使う遊びです。口や唇・舌の発達・口腔内及び口周辺の筋肉の発達が十分に出来て言葉は話せるようになるので、それら

水をこぼしたときは、一緒に拭くようにしています。
常に娘の届く位置に娘用の雑巾を設置して「こぼしたら拭く」という「して欲しい行動」もセットでするようにしています。
水がこぼれたら、その後どういう行動をすれば良いのかを教えるチャンスです。
あとは「ついでに床も拭ける」とポジティブに考えるようにしています。
面倒くさくて少量なら見て見ぬ振りするときもあります。
雑に生きています。

ポジティブに考える

先程の「ついでに床も拭ける」のように考え方1つで「困った行動」の見方が変わります。

階段の昇り降りは「自分のダイエット」にもなると思って付き合っています。
悲しいことに産後太りと言って良い時期は疾うに過ぎ、普通のダイエットです、、。
今の時期、外階段は暑さが辛いので、デパート・公共施設の人気のない階段を探して「ここなら良いよ!」と昇り降りしてもらっています。
娘がタンスの「全だし」に夢中なときは「断捨離」のチャンス!と思って
洋服を捨て、古くなったタオルを雑巾用に選別したりしました。

「ダメ」という前に

そもそも困った行動と考えているのは「大人」です。
困るのも「大人」です。
子供は能力を伸ばすために必要だと思うからやっているだけです。

「大人の都合でダメと止めること」と「子供の能力を伸ばすこと」を天秤にかけて、どちらを優先すべきかを考えると答えは出ているのではないでしょうか?
勿論、命の危険が関わる時には「ダメ」と止めます。

そうは云っても大人も人間

そうは云って私達親も人間です。
時間に・心に余裕がない日もあって当たり前です。

そんな時は素直に「ママ今日は疲れているから片付けしたくないな。タオル出さないで欲しい。」と伝えた上で「だから今日は積み木で遊ぶ?シール貼りをする?」と伝えるのはどうでしょう?

頭ごなしに説明もなく「ダメ!やめて!」では子供も「何がダメ、何故ダメ」なのかが、いつまでも分からないままで、親の思う困った行動はなくなりません。
親は「ダメ!やめて!」と何回云ってもやめてくれないと思うかもしれませんが、説明なく「ダメ・やめて」を繰り返し「して欲しい行動」を伝えなければ、いつまでも平行線のままお互い苦しい状態が続いてしまうかもしれません。

お子さんのどんな行動に困っていますか?
是非お問い合わせフォームより教えてください。
公式ラインもしくはこちらの記事にて返答させて頂きます。

ぐちゃぐちゃ遊び認定教室「未来あそびラボ」

埼玉県さいたま市浦和区(JR浦和駅)にて、ぐちゃぐちゃ遊び認定教室「未来あそびラボ」を主催しています。

ぐちゃぐちゃ遊び®は、横浜市で1年待ちの日本乳幼児遊び教育協会・会田夏帆さん考案「乳幼児教育×アート×あそび」を通して「自分らしく生きる力」を育てる親子教室です。

子供をありのまま認め主体性を育む、そんな環境を私は作っていきたいと思っています。
ありのままを認めてもらえた子供は自分らしく生きることが出来、
また、自分らしく生きることは「幸せに生きる」という事だと私は信じています。

ぐちゃぐちゃ遊びにご興味を持った方は、こちらに登録しますと最新情報が届きます。

友だち追加

Instagramでも情報掲載しています。Instagramはこちらからどうぞ。

コメント