生きるために大切な子供の自己肯定感を高める為には、親の自己肯定感を高めよう!

子育て情報

子育てをしていると「子供の自己肯定感を高めよう!」「自己肯定感は大切」という話を耳にする機会が度々ありますよね?
・自己肯定感が大切なのは分かっているけれど、どうやったら高くなるの?
・自己肯定感が高い子供は、どうして高いのか知りたい。
というお悩みをお持ちではないでしょうか?

【まずは結論】
自己肯定感の高い親に育てられた子供は、自己肯定感が高くなります。
反対に自己肯定感の低い親に育てられると子供の自己肯定感も低くなります。
    ↓
親の自己肯定感が高いことが何よりも大切!

自己肯定感とは

「自分の可能性を信じ, 自分はできるんだという自信をもち,肯定的に自己を認識すること」

「ありのままの自分を受け止め、自己の否定的な側面もふくめて、自分が自分であっても大丈夫という感覚である」

(引用元:田島賢侍, 奥住秀之(2013),「子どもの自尊感情・自己肯定感等についての定義及び尺 度に関する文献検討 : 肢体不自由児を対象とした予備的 調査も含めて」, 東京学芸大学紀要. 総合教育科学系 64(2): 19-30.)

以前、お話しした自己承認とも深い繋がりのある自己肯定感。
自己承認・自己承認欲求(ありのままの自分を受け入れる/ありのままの自分を受け入れたい)が満たされている人は、自己肯定感も高いということになります。

自己肯定感が高い人が、他人のことも肯定的に捉えることが可能になります。
自分に否定的な人が、他人を肯定的に捉えることは難しいですよね。

子育てにおける場合には、
母親(父親)が自分を肯定的に捉えているからこそ、子供のことも肯定的にとらえていきやすいという事になります。

行動(出来事)は同じ

子供が家のソファを何度もよじ登っています。あなたはどう思いますか?

【A】危なそうだからやめて。少しは落ち着いて遊んで欲しい。ソファカバーが乱れて何度も何度も直すのが面倒だからやめて。

【B】よじ登って身体を使う練習をしているんだね。バランス感覚やボディイメージも養われそう。落ちてもそんなに高い高さではないし、周りに危ないものもないから、もし落ちたり転んでも、それも経験だ。

どちらも子供の行動は同じです。
違うのは親の捉え方です。

実際にこんな出来事がありました。
私は、娘がハイハイが出来るようになった頃から公園でハイハイさせていました。
そうすると、初対面の方から「お洋服汚れちゃうよ」「痛いんじゃない?」と声をかけられたり「うわー、公園でハイハイさせちゃってる」という否定的な視線を感じたことが何度かあります。

それでも、私がまだ歩けない娘を公園に連れて行き地面におろすのは
・ハイハイが身体を作る上で大切なことを知っていたので、たくさんハイハイして欲しい(家ではスペースが限られてしまう)
・小さな内から他の子供が遊んだりしている姿を見て欲しい
・家のフローリング・畳・プレイマッットではなく、自然の土や草の触感(冷たい・かたい・柔らかい・チクチク・湿り気など)・匂いを感じて欲しい
という理由からでした。

現実で起こっている子供の行動や出来事は、まったく同じでも人の捉えかたは様々です。
子供が行っている行動を、肯定的に捉えることが出来れば子供の自己肯定感は高くなり、否定的に捉えれば低くなります。

子供の自己肯定感を高める構造は至ってシンプルです。
あなたの事が大好きなお子さんは親であるあなたにこそ「肯定・承認して欲しい!」と生まれてから、ずーっと願っています。
言葉が咄嗟に出てこなければ、笑顔で見守る・目が合ったら微笑む。
これだけで十分伝わりますから大丈夫です。
昔から、目は口ほどに物を言うと云いますよね。

いきなり全てを肯定するのは難しい

子供の良くない・やめて欲しいと思っている行動全てを、いきなり肯定的に捉えることは難しいですよね。

まずは、当たり前に「子供が出来ている」ことを口にして認めてあげてください。
当たり前に出来ていると見過ごしがちですが、その当たり前は数ヶ月前・数年前には「始めて出来た特別なこと」だったはずです。

歩くこと、お話すること、階段をのぼること、靴下をはくこと、靴をはけたこと、洋服を着れること、コップで水が飲めること、ごはんを1人で食べること、椅子に1人で座ること、手を洗うこと・・・なんでも!

褒める必要はありません。
「お家から公園まで歩けたね」
「お水飲めたね」
「ごはん食べられたね」
「階段1人で昇れたね」
「靴下をはけたね」
「靴をはけたね」
ありのままの事実を、ただそのまま伝えるだけで大丈夫です。
難しい知識は必要ありませんから、すぐ出来そうですよね。

親の自己肯定感に話を戻しますが、大人の場合も一緒です。
自分がその日に出来たことをメモしてみてください。
特別なことじゃなくて大丈夫です。
・1人で眠って起きれた
・朝カーテン・窓を開けて、換気できた
・子供の朝ごはんを作ってあげた
・自分も朝ごはんを一緒に食べられた
・食器洗った
・家族の分の洗濯物も洗って干した・・・・などなど

自分が出来たことを可視化してください。
出来れば、そのメモは捨てずに取っておいてくださいね。
これを続けると、自分は出来る人間だと肯定的に思いやすくなります。

ここで大切なのは出来なかったことには「目を向けない」ということです。
例えば、「今日はごはんを作れなくて夕飯はお弁当を買ってしまった」「本を読むつもりが3頁しか読めなかった」・・・と考える必要はありません。
もし考えてしまったら「夕飯はお弁当を買って食べられた。」「今日は忙しかったのに3頁も読めた」と変換してみてください。

すぐには出来ないかもしれませんが、自分のことを肯定的に考えていくことを続けていくと出来るようになります。
思考の癖は大人になっても変えられます。
変えたいと思う・気がつくことが大切です。

思考の癖が変わると考え方が変わり、行動も変わります。
その行動が肯定的(ポジティブ)なものになったときには、子供のことも肯定的に捉えやすくなります。

そもそも私も自己肯定感が高い人間かと云われるとそうではなく、出来ないことに目を向けてしまいがちな所がありました。
出来ないことって目立って感じますよね。
でも自己肯定感を高く保ちたい!という願いから、ポジティブに物事を捉えることが出来るように今でも練習し続けています。

一緒に自己肯定感を高めていきましょう!

子供の行動を肯定的に捉えやすくなるには、子供の発達に関する知識があるともっともっと楽になります。
長くなってしまったので、また次回。

ぐちゃぐちゃ遊び認定教室 開講します

埼玉県さいたま市浦和区にて、ぐちゃぐちゃ遊び認定教室「未来あそびラボ」を開講します。
ぐちゃぐちゃ遊びは、横浜市で1年待ちの日本乳幼児教育協会・会田夏帆さん考案「乳幼児教育×アート×あそび」を通して「生きる力」を育てる教室です。
(現在、ぐちゃぐちゃ遊び講師養成講座5期を受講中です)

子供をありのまま認め主体性を育む、そんな環境を私は皆さんと作っていきたいと思っています。
ありのままを認めてもらえた子供は自分らしく生きることが出来、また、自分らしく生きることは「幸せに生きる」という事だと私は信じています。

ぐちゃぐちゃ遊びにご興味を持った方は、こちらに登録しますと最新情報が届きます。

友だち追加

Instagramでも情報掲載しています。Instagramはこちらからどうぞ。

コメント