【活動レポ】色彩へのこだわり/ぐちゃぐちゃ遊び®「雨・紫陽花」

親子アート教室

こんにちは。
浦和親子教室
「未来あそびラボ」の
かくこうみずほです。

6月前半のテーマは「雨」「紫陽花」でした

本物の紫陽花を見るところから活動はスタート。

マメな性格ではなく、
すぐに花を枯らしてしまうタイプの私ですが・・

「皆に元気な状態の紫陽花を見てほしい!」

という思いから、
お花屋さんで購入したときに教えてもらった

「元気に長く咲いてもらうためのアドバイス」を実践!

おかげで当日も元気に咲いてくれていました。

「湯上げ」や「綿貫」など
生花を長持ちさせる方法を初めて知り、
生花の世界は奥深いな・・・と新しい世界に感嘆。

日本が原産の紫陽花は、
この時期、町中でもよく見かけるので、
なんだか野性的なイメージがありましたが、とても繊細なお花だということを初めて知りました。

実は、紫陽花のお花に見えている部分は
「ガク」「装飾花」といわれる部分で、
本当の花(真花・しんか)は、その奥に小さく咲いているそうです。

活動記録写真レポ

なんだろう?から始まる活動
触ってみようかな?
ママと目が合うと嬉しいね

自分の身体もキャンバスだね
お顔にも雨が降ったみたいだね
みんなで一緒にお片付け

色へのこだわり

自然や季節を活動テーマに扱うときには
特に色にこだわるようにしています。

未来あそびラボのこだわりの1つに
「白」以外の殆どの色は、2色以上の絵の具を混ぜて作るようにしています。

その都度、作っているため
似ている色はあっても同じ色はありません。

紫陽花には、赤系・青系・紫系・白系・緑系と様々な色のものがあります。

雨も光の当たり具合によって反射で色が変わって見えたりします。

そんな鮮やかな世界を表現するために
今回は、計6色の色を準備していました。

「アンニュイで柔らかな色づかい、優しい気持ちになります」

「素敵なテーマや色合いの絵の具で心が落ち着きます」

と色へのご感想も^ ^

準備した色以外にも、
活動中に絶妙に混ざり合った絵の具から、更に色が生まれていきます。

ぐちゃぐちゃ遊びの良さの1つには、
遊びの中で、自然とアートが生まれることだと思っています。

ぐちゃぐちゃ遊び®認定 浦和親子教室「未来あそびラボ」

日本乳幼児遊び教育協会
ぐちゃぐちゃ遊び®認定教室
「未来あそびラボ」は、埼玉県さいたま市浦和区(JR浦和駅)で活動中です。

ぐちゃぐちゃ遊び®は、
横浜市で入室1年待ちの日本乳幼児遊び教育協会・会田夏帆さん考案の
「アート×あそび×乳幼児教育」を通して「自分らしく生きる力」を育てる親子教室です。

子どもをありのまま認め主体性を育む、
そんな環境を私は作っていきたいと思っています。

ありのままを認めてもらえると、
子ども達は自分らしく生きることが出来ます。

そして、自分らしく生きる事こそが
「幸せに生きる」という事だと私は信じています。

ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報は公式LINEにて

公式LINEでは、ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報や先行予約のご案内などを、いち早くお届けしています。

・子育てお悩みQ&A
・知育
・脳育
・おうちモンテで出来る遊び
などの子育て情報も不定期に配信しています。

こちらからご登録ください(^^)

友だち追加

気になること・育児に関するご質問など何でも!
お気軽に公式LINEへメッセージをどうぞ ^ ^


コメント