【活動レポ】みんな違っていいんだよ/ぐちゃぐちゃ遊び®「でんしゃ」

親子アート教室

こんにちは。
浦和親子教室

「未来あそびラボ」の

かくこうみずほです

ぐちゃぐちゃ遊び6daysの3日目を開催いたしました。

今回のテーマは「でんしゃ」

認定講師同期のあっこ先生のプログラム「でんしゃ」をアレンジして使わせて頂きました。

あっこ先生ありがとうございます!
SNSなど開設の際は、改めてご紹介させてください^ ^

活動の始まりから、みんなの乗り物が「好き!」という思いが、キラキラした瞳から伝わってきました。

こんなご感想・お写真を頂きました

ご感想の一部を紹介させていただきます。

(掲載許可頂いています)
絵の具にダイブした次の日、泥水にダイブしていました。

今まで、芝生の上で裸足にもなれないほどに嫌がり、虫もさわれないシティボーイで心配していたので、このぐちゃぐちゃ遊び3回の影響をとても感じます。

そして、今までの私ならこの水溜りに全部浸かるのを止めていたかもしれません。

汚いとか口走ったたかもしれません。
でも今は、見守ることができます。

そういう私の方の心のあり方も、学ばせていただいています。

大きな水溜りで遊んだのですね^ ^
見守ることは時に難しいことですが、ありのままの姿を認めてもらうことは「褒められる」ことよりも子供の心を安心で満たします。
そして心の安定が次への意欲へと繋がっていきます。
お子さんの「今」を見守って下さったお母さん、とっても素敵ですね^ ^

みんな違ってみんな良い→実は「みんな違わなくてはいけない」

「みんな違ってみんな良い」

と言いますよね^ ^

実は自然界では、みんな違わなくてはいけません。

それは、種の生き残りをかけた生存戦略の1つですが、
自然現象によりある種が絶滅してしまったときに、時間はかかりますが他の種が補い合うためでもあります。

違うからこそ補填し合うことができます。

そういう風にして地球は生き物を育んできました。

そうやって育まれてきたのは、人間も同じです。

例えば、寒さに強く暑さに弱い民族と、逆に暑さに強く寒さに弱い民族がいたとします。

もしくは、暑さに強い民族しか居ないとします。

地球の環境が、急激に寒くなる・熱くなるなど変化が起きたとき、

人間という種の存続のために、生き残る確率が高いのは「違い」がある場合です。

もし人間がすべからく寒さに極端に弱かったとしたら?

人間という種は、環境の変化を乗り越えられず途絶えてしまっていたかもしれません。

自然界という予測不可能な環境で生き残るためには、違わなくてはいけないのです。

未来あそびラボの活動中も、
子ども達の興味・関心・人や活動への関わり方はそれぞれ違います。

それはその子の大切な個性です。

みんな違って素晴らしい。

それは、一緒にご参加の保護者の方も同じです。

遊び方も、お子さんへの関わり方も違います。

それは、保護者の方の大切な個性です。

活動写真レポ

ママどうぞ
踏ん張り合いっ子
一緒にお片付け
叩いたら太鼓みたいに音がなるよ
皆で叩いても楽しいね
ママも同じ色に染まったね

余談ですが・・

実は、私は子供の頃から「変わっている」「あまのじゃく」と云われることが多かった様に思います。

皆が「右」と言ったら、「左」へ行きたがる。

そんな、親からすると手のかかる子供だったと思います。

子供の頃は、それが原因で友達や大人と馴染めない・距離を感じることもあり「みんなと違う」ことに悩んだ時期もあります。

大人になりましたが、そういった「変わっている私」は今も確実に私の中に居ます。

「みんなと違う私」を受け入れられたのは、24歳でフィリピンへ留学した頃からです。

こんなに違うのかと、カルチャーショックを何度も何度も受けました。

良いことだけではありませんでしたが、新しい経験を通して「みんなと違っていていい」と思え「変わっている私」をやっと好きになれたと思います。

30年以上生きてきてそう思えますが、
子供の頃は正直に言えば「左!」という私を受け入れて欲しいと願っていたと思います。

言葉通りに叶えてくれなくても良いから、その気持をただただ受け止めて欲しいと願っていたと思います。

だからこそ、
子ども達の「みんな違ってみんな良い」を遮りたくないと思っています。

大丈夫、みんな違って良いんだよ。

それを受け入れなくてはいけないのは、子供ではなく大人なのかもしれません。

ぐちゃぐちゃ遊び®認定 浦和親子教室「未来あそびラボ」

日本乳幼児遊び教育協会
ぐちゃぐちゃ遊び®認定教室
「未来あそびラボ」は、埼玉県さいたま市浦和区(JR浦和駅)で活動中です。

ぐちゃぐちゃ遊び®は、
横浜市で入室1年待ちの日本乳幼児遊び教育協会・会田夏帆さん考案の
「アート×あそび×乳幼児教育」を通して「自分らしく生きる力」を育てる親子教室です。

子どもをありのまま認め主体性を育む、
そんな環境を私は作っていきたいと思っています。

ありのままを認めてもらえると、
子ども達は自分らしく生きることが出来ます。

そして、自分らしく生きる事こそが
「幸せに生きる」という事だと私は信じています。

みんな違って良いんだよ。

ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報は公式LINEにて

公式LINEでは、ぐちゃぐちゃ遊び®の最新情報や先行予約のご案内などを、いち早くお届けしています。

・子育てお悩みQ&A
・知育
・脳育
・おうちモンテで出来る遊び

などの子育て情報も不定期に配信しています。
ご興味ありましたら、是非こちらからご登録ください(^^)

友だち追加

気になること・育児に関するご質問など何でも!
お気軽に公式LINEへメッセージをどうぞ ^ ^

コメント