【言葉の発達】言葉の敏感期、真っ只中の娘に作ったもの

子育て情報

こんにちは、ミズホです。
2歳になった娘が、ずーっと大好きなものの1つに「パプリカ」があります。
有名なあの米津玄師さん作詞作曲のFoolinが歌っている皆大好き「パプリカ」です♪
この曲への子供の吸引力、凄まじいですよね(^^)

日本語が美しい歌詞なのもお気に入りポイントの1つです♪

娘のパプリカ歴

0歳のころは耳だけで聞いていました♫
我が家にはテレビがないので、私が歌って踊ったりしていました。

お座りが自力で出来るようになり安定してきたころには、身体を音に合わせて揺らすような仕草を見せてくれることも。

1歳5ヶ月頃に、ばあばの家に遊びに行きテレビでパプリカを見た娘の目がキラキラしているのを覚えています。
私、ばあば、パパが紅白歌合戦に出場しているパプリカを見ながら歌って踊っていると、娘も身体全体を使ってリズムを取ったり、娘なりに踊りをマネしてくれていました。

1歳10ヶ月頃に何となくパプリカを口ずさむようになりました。
1歳11ヶ月になった頃、パプリカのサビを大きな声で歌うようになり、踊りも半年前より「パプリカ踊っているんだね」と分かるようになりました。

言葉の敏感期

モンテッソーリ教育では敏感期を大切にしていて、たくさんある敏感期の中に「言葉の敏感期」があります。

言葉の敏感期は「話しことば」と「文字への敏感期」に分けることが出来ます。

7ヶ月の胎児期~3歳前後 ─ 話しことばの敏感期
3歳半~5歳半                ─ 文字に対する敏感期

※時期には個人差があります。

言語には音声を媒介とした「話しことば」と、記号である文字を媒介とした「文字ことば」(書きことば)があります。
子供は、まず話しことばを身に付けますが、この話しことばがもっとも身につく時期、話しことばの敏感期として挙げられているのは胎児の7ヶ月~3歳半までです。

この敏感期に気がついて、子供の興味感心を遊びの中で満たすと自然と言葉や文字が身についていきます。
この敏感期では、言葉や文字をすんなりと覚えることが出来ます。
決して「教える」のではなく、子供が興味を持って楽しむことが大切です。

言葉の敏感期の娘にパプリカの歌詞カード作ってみました

2歳の娘は、絶賛「話し言葉の敏感期」で言葉のオウム返しを毎日毎日してくれます。
本格的な文字の敏感期は、もう少し先かな〜と思いつつも文字が縦に並んでいると「あいうえお〜」と言ったりするので、もしかして始まったのかな?と感じることが何度か続きました。

そこで、娘が大好きな曲「パプリカ」の歌詞カードを作ってみました。
貼り付けた所、さっそくお絵かきしてました。
(「黒以外の色だったら良いよ」と伝えました)

私は特に「雨に燻り」という言葉で始まる2番が特に好きです。
でも2番の歌詞は忘れがちなので、歌詞カードを書いたことで私も正しい歌詞で歌えるようになりました。

漢字は象形文字で、もともと物の形・絵文字から作られた文字なので、幼児にとっては平仮名よりも漢字のほうが親しみやすく覚えやすいという話しを聞き、我が家では漢字は積極的に使っていく方針です。

これが娘の言葉の入り口の1つになれば良いな〜と思っています(^^)

ちなみにパプリカの花言葉は「君を忘れない」だそうです(^^)

コメント