子育て情報

「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えない子ども達に私たち親が出来ること

お子さんが友達を泣かせてしまったり、大人からすると「謝ってほしい」と感じる場面や、挨拶をして欲しい。と思う場面に遭遇するのは、子育てあるあるかもしれません。そんな時に、お子さんに対して「ほら謝って」「何ていうの?」「ごめんなさいは?」と言ったり、「こんにちはって言おうね」と行動を指示・強制してしまうことがあるかもしれません。
子育て情報

【敏感期】来ました水ブーム。我が家の対策。

もうすぐ2歳の娘。水ブーム到来です。 手を洗い出したら、石鹸ポンプをプッシュして泡だらけ&洗い流すをエンドレスで繰り返し...
子育て情報

【言葉の発達】音楽が言葉の発達をも促す

言葉の発達を促す遊びを以前、紹介しました。他の記事の3倍以上もアクセスがあり、多くの方が「言語の発達」について興味をお持...
子育て情報

ヨコミネ式とモンテッソーリ教育の共通点

モンテッソーリ教育はローマで始まりましたが、日本発の幼児教育方法の1つとして「ヨコミネ式」があります。ヨコミネ式は、30年にわたり、子供と向き合い観察した結果生み出された「自ら学ぼうとする力」に注力した教育法です。
子育て情報

「4秒待つ」ことが出来る親が、子どもの「思考力」を育む

こんにちは。浦和親子アート教室「未来あそびラボ」のかくこうみずほです。 今日は「待つ」ことの大切さについてお話し...
子育て情報

子育ては「ダメ」より「して欲しい行動」を伝えるとラクになる

こんにちは。浦和親子アート教室「未来あそびラボ」のかくこうみずほです 子供は「〇〇しないで」を理解できない ...
子育て情報

「子どもの困った行動」には全て意味がある

こんにちは。浦和親子アート教室「未来あそびラボ」のかくこうみずほです。 子どもの行動に「困ったな」と感じることは...
子育て情報

「幸せ」になるには「自分で決める」ことが大切

こんにちは。浦和親子教室「未来あそびラボ」のかくこうみずほです。 モンテッソーリ教育では「選択の自由」が大切にされ...
子育て情報

「他の子と比べても意味ないよ。ありのままを愛してあげて。」というアドバイスが辛かった話

いま親子教室講師の講座を受講しています。その中で保護者の方との関わり方を学んでいますが、それが痛いほどに刺さります。 ...
子育て情報

成功した人たちが持っている「グリット」という力

こんにちは。浦和親子アート教室「未来あそびラボ」のかくこうみずほです。 成功した人たちが持っている力が話題になっ...
子育て情報

医学療法の一環として始まったフィンガーペイント

ぐちゃぐちゃ遊びには、フィンガーペイントに通ずるところが数多くあります 今では、日本の保育園や幼稚園などでも一般的な活動となった「フィンガーペイント」ですが、海外では1940年代から児童心理学者を中心に医学療法の「アートセラピー」として導入されていました。その後、心と芸術をテーマにした心理療法として更に発展し今に至ります。
子育て情報

【言葉の発達を促す・発音の改善に繋がる】口・唇を使う遊びがオススメ

言語の発達には「語りかけ・絵本の読み聞かせ」が良いとされていますね。それ以外に付け加えて欲しいなと思うのが「口・唇」を使う遊びです。「口や唇、舌の発達・口腔内及び口周辺の筋肉の発達」することで、初めて言葉を話す身体の準備が整います。遊びながら自然と鍛えられる遊びをご紹介します。
子育て情報

【言葉の発達】初めての単語の不思議

娘の初めての言葉は10ヶ月ころ「まんま」(ごはん)でした。でも私も主人も、ご飯の事を「まんま」と言ったことはありません...
子育て情報

「かーしーて」に対して「どうぞ」が云える子は本当にいい子?

こんにちは。浦和親子アート教室「未来あそびラボ」のかくこうみずほです。 子育て中によくある風景 「かして〜...
親子アート教室

【さいたま市JR浦和駅】0歳〜年長さんぐちゃぐちゃ遊び®の浦和親子教室・未来あそびラボで出来ること・目指すもの

「乳幼児教育×アート×あそび」を通して「子どものやりたい!」という気持ちを尊重し、意欲や挑戦する心を育む造形教室です。 「上手い・下手」「ダメ」のない世界で、子供をありのまま認め主体性を育み「自分らしく生きる」土台をつくる親子のための教室です。